上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比較に使用したソフト
Geek Uninstaller
Revo Uninstaller
(*全てポータブル版)

アンインストールしたソフト
McAfee Site Adviser
VLC Media Player
OkeTag
Mozilla Maintenance Service
ChrisPC DNS Switch 1.30
ChrisPC DNS Switch 1.40
f.lux
DAEMON Tools Lite
Resource Tuner 1.99 R6
Yahoo! メッセンジャー
Antelope
Trend Micro Browser Guard v3.0 Beta
Free Video Compressor
Virtual Router v1.0



・アインストール後に残った残骸ファイル・レジストリの検出力 (クリックで拡大)
レジストリ検出力_グラフ

ファイル検出力_グラフ


比較_数値


感想:検出数だけで言うとRevo Uninstallerに軍配が上がった。検出数が同じでも検出しているものが違ったりした。
2014/07/02 追加
Geekはソフトウェアをアンインストールした後に残るファイヤーウォールポリシー(ルール)を検出して削除してくれるのちょっと便利。
しかしRevo(Free)は64Bitのソフトウェアをアンインストールすることができない。
スキャン時間はGeekが圧倒的に早い。 Geekのほうがいまだに早いがRevoも徐々に早くなっている。

↓に書いてある通りにすれば2つ同時に使用することが可能。 

・+α Revo UninstallerとGeek Uninstallerを併用する方法。
併用することで検出率は上がりますが関係無いものまで検出する場合もありますので削除するときに十分に確認して下さい。

1.まず両方のソフトを起動しておく。

2.最初はRevoでアンインストールモードの選択画面まで行く。Revo.jpg
この画面でRevoは一旦停止

3.Geekでアンインストールを押す。すると普通にソフトのアンインストーラーが起動して削除される。
(ソフトによっては再起動を促されるが無視してください)

4.Geekでアンインストールすると自動的に残骸ファイル・レジストリのスキャンが始まる。
Geek.jpg

5.Geekのスキャンが終了する。一旦停止
Geek_End.jpg

6. 2で停止していたRevoのモードを完全モードを選択して"次へ"をクリック。
するとアンインストーラーが起動できないとエラーが表示されるが気にせす"OK"をクリック
revo_Error.jpg

7."OK"をクリックした後、残骸ファイル・フォルダをスキャンするために"次へ"をクリック
Revo_error_end.jpg
"次へ"を押すとスキャンが始まる。
Revo_Scan.jpg
スキャンが終わったら"次へ"をクリック
8."次へ"を押すとスキャン結果が表示される。 表示される順番はレジストリ→ファイルの順番。

Revo_Finish.jpg

このソフト達はファイルやレジストリを削除します、使用する際は十分に注意してください。
責任は持てません。
関連記事

トラックバックURL
http://siown118.blog.fc2.com/tb.php/64-2b92c0ba
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。